50歳を超えた人妻は淫乱な声で鳴きました

出会い系サイトで熟女や人妻と遊んでいますが、最近は新規が無くなったと感じていました。サイトで知り合った人妻とは数年は付き合うので、セフレが途絶えるというこは無いのですが、やはり常に新規の人妻は欲しいのです。そこで、条件を低くしてメールを送ることにしました。条件の低い獲物とは50代の熟女です。60に近い熟女にもメールを送りました。2週間ほどで、一人の熟女と会う約束をすることが出来ました。やはり、50代の敷居は低いのです。

現れた熟女は身なりこそしっかりとしているものの、お世辞にも美人とは言えません。
顔色もあまり良くはありません。体つきもやせ形で貧相です。賞味期限は切れているかもしれません。
これがデリヘルの女なら間違いなくチェンジです。しかし、外見が悪くてもセックスは良いかもしれません。
彼女とランチをしました。なんのてらいもなく一番高いランチを注文し、ランチビールまで頼んでいます。

酔った方が楽しいしょ、と言われればその通りです。彼女とは会話も弾まなかったので、そのままラブホへ誘いました。当然ですが出会い系サイトでは女性が圧倒的に優位です。男はお願いしてやらせてもらうというスタンスは変わりません。そういうところの男とばかり会っていると女は勘違いをします。自分は良い女で、男は私とやりたがっている、という感じです。この熟女もそうでした。初めてあったのにやらせてあげるんだから感謝してね、という雰囲気をずっと醸し出しているのす。一番は優しくしてね、丁寧に愛撫してねというものです。他人の奥様にぶち込めるのですから、多少は我慢は必要です。
ベッドで裸になった熟女の体はやはり貧相でした。50歳を過ぎた女の体が貧相では、抱く気が失せるのですが、彼女は積極的にペニスをしごき、くわえてくれるのです。あっという間に勃起してしまいました。元気ね、なんて言われるとその気になります。熟女の体を愛撫しました。

もっと強くして、そこよりもここが感じるの・・色々リクエストをされますが、そのリクエストに応えていると熟女は興奮するのか、いやらしい声を出します。体も電気を通したように震えたりします。この女とは若い頃に出会っていれば、相当に濃厚なセックスが出来たんじゃないかと思わせます。充分に濡れたのを確認して挿入しました。挿入したとたん、あああーーとターザンとまでは言わないまでも雄たけびに近い声を上げます。ちょっとびっくりするくらいの声です。その後もピストンにあわせて、喘ぎ声というよりうめき声を出します。これはこれで充分に淫乱な感じです。終わったとは口で綺麗に肉棒を掃除してくれました。
彼女が言うには色々な男が私の体を開発していったの、こんなに感じる体になるとは思ってもいなかったとのことです。それでセックスが好きになり、出会い系サイトに出入りしているのだそうです。それが若さの秘密とも言っていました。出会い系サイトは高齢者に生きがいを与えているのかもしれません。

50代を過ぎていても人妻ですし、感度も良好なのですが、私としてはこれ一回で満足です。
しかし、久しぶりに新規の人妻を堪能できたのは間違いがないのですが・・。

14個上の人妻と出会い系サイトで出会って魅力的なエピソード

私が大学生の時に14個上の人妻と定期的な関係を作る事が出来ました。出会いのきっかけは出会い系サイトで知り合った事でした。人妻や年上の女性が好きと言う事もありましたが、セフレと言う魅力的な関係に興味があった事が出会い系サイトを始めたきっかけです。

出会い系には特に抵抗なく始める事が出来ましたが、友人なども出会い系サイトをやっていた事から話などを聞いていた事が理由とも言えます。出会い系サイトは多く種類がありましたが、一番大手の出会い系サイトを登録して始めました。年齢確認を終えてプロフィールの編集なども考えて気になる女性にアプローチを行いました。ファーストメッセージでは、軽い自己紹介から始めてみました。返信率は割と良く年上の女性に狙いを定めている事からか2ヶ月で3人の年上の女性と仲良くなることが出来ました。

年齢が10個以上離れている事もあったので、断られる事もありましたが、何気ない話が出来るほどの関係を作る事が出来ました。その中で話が出来るようになった人妻と直接会う事になりました。食事をするという約束をして、住んでいる場所も近く出会った事からスムーズに話が進み会えることになりました。実際にメッセージでやりとりをしていた人妻に会った感想は、とても小柄で可愛い雰囲気でした。出会い系サイトをやっている事が不思議なくらいの容姿でしたが、予想を遥かに超えてきた人妻のポテンシャルの高さに惹かれていました。

何気ない話もしていたくらいだったので、相手の人妻も最初は緊張している様でしたが、徐々にお互い慣れて楽しくお酒を飲みながら食事をしました。2時間ほど飲んで良い感じになったのですが、時間がまだ早かった事もあり散歩をする事にして、二人で歩きました。飲んでいる時も散歩している時も多くの話をしましたが、公園のベンチに座った時に不意に唇を奪われました。人妻の積極性にびっくりしましたが、そのまま私自身も理性が飛んでしまい、ホテルに行くことになりました。ホテルでは、人妻に半ば襲われる形で行為に及びました。

人妻と濃厚なプレイを堪能する事が出来て、魅力的な体験をすることが出来ました。出会い系サイトはすぐに人妻との出会いがに繋がったので、とても満足する事が出来ました。14個上の人妻との出会いから定期的な関係を築くことが出来ました。

魅力的な大人の女性であり人妻は自分にとって大きな経験として感じる事が出来て、まだ関係は続いています。

かわいい系人妻とこっそり大人な関係になった話

私が人妻とサイトを通して遊べたのは、某大手出会い系サイトの掲示板を利用した時です。

掲示板検索機能を使って「まずはメールから」のカテゴリーのうち、東京・神奈川・千葉・埼玉に範囲を絞り検索をかけたところ、ある女性の書き込みが目に止まりました。「旦那じゃ話にならないから、楽しくお話できるいましたら、よろしくお願いします。」との書き込みでした。

プロフィールを見ると、紗奈さんという神奈川県在住の38歳の既婚女性で、利用目的は「メル友」です。さっそく「是非私が話し相手になります。」との返信メールを送りました。

数時間後に返信をくれたので、そこからメル友としてのやり取りが始まりました。色々話を聞くと旦那さんとの関係は冷め切っており、家では必要最低限の会話をする程度の関係だそうです。

高校生の娘がいるので、その娘のおかげで最低限の関係が保たれていているとのことでした。実は私も紗奈さんの家庭まではいかなくても、妻とはセックスレスでちょっと冷め気味の関係だったこともあり、お互いの家庭の事情について意気投合しました。そんな家庭の事情を話し合っているうちに、「不倫でもいいから、恋がしたい。」という紗奈さんの話を聞き、アプローチをしてみたいとの想いが出てきました。

まずは一度食事に誘いましたが、「時間が取れないから。」と断られてしまいます。それでも地道に連絡を取り合っていると、ある時紗奈さんの方から「時間が取れそうなので、一度食事に行きませんか?」と声を掛けてきてくれました。紗奈さんは飲食店で日中パートで働いているので、平日に休みが取れます。そのため、平日の昼間に横浜駅で待ち合わせをして、駅前のパスタ専門店で食事をしました。

初めて会った印象は、紗奈さんは幼顔だったこともあり38歳には見えない若さがありました。見た目的にとても可愛らしい女性で、出会い系サイトをしているとは思えない真面目さもあり、すぐに好意を抱きました。性格的にも相性が良かったらしく、僅か2時間足らずの会食でしたが、一気に距離を縮めて仲良くなれた気がします。それからは月に1回、溜め込んだストレスを放出する「発散会」を開催するようになり、日中に会って食事をしながらお互いの家庭や仕事についての愚痴を言い合うという機会ができました。

そんな中、紗奈さんも私に対して好意を抱き始めてくれたらしく、いつしかお互いのパートナーとの数年間継続中のセックスレス問題もあったことから、深い関係になろうという流れになりました。ただ、不倫関係で後々問題になるのは避けたかったので、お互いの家庭を最優先に考えることと、プライベートな部分を詮索しすぎないことを前提に付き合っていくことで同意しました。そして紗奈さんと出会ってから約5ヶ月程で初めてラブホテルへ向かい、男女の深い仲になりました。

それ以来、「発散会」を行う際に、2〜3ヶ月に一回はラブホテルで開催するようになり、その度に体を重ね合わせました。そんな関係が2年ほど続き、紗奈さんの旦那さんが転勤したのをきっかけに私達の関係が終わりました。

とにかくセックスがしたいなら出会い系を使うべし!安くすむしコスパ最高です↓
人妻と熟女に会えるおすすめ出会い系はこちら

体だけの関係を求めている女性に1度だけ出会いました

私はある有名出会い系サイトを通じてセックスフレンドを作った経験があります。出会い系サイトというのは非常につかみどころのないツールで、私はこのセックスフレンドと出会うまでに8か月かかりました。

「セックスフレンド」というからには、男も女もお互いに「セックス」を目的に会うわけですが、本当にプレイのみをしたいと思って男性を探している女性というのは実は極めて少ないのです。極めて少ないから私は彼女に出会うまでに8か月もかかったのですが、セフレの男を探している女性に出会えただけでも私はまだいい方だと思います。

出会い系サイトの日記を読んでいると、「純粋に遊んでくれる女性っていないのかな?お礼を求めてる女性ばかりでもううんざりだ!」といったことを書いている男性も結構いますので、出会い系サイトに登録しながら実は「ここは出会えない系サイトか?」と日々苦労している男性は多いわけです。

私は運よくセフレを作れたわけですが、きっかけは掲示板に書いて募集をしたことです。「純粋なセフレを探しています。お互いの都合のいい時間に後腐れなく会える方いませんか?」と正直に書いたら「私も大事な彼がいますが秘密で体だけの関係を求めています」と返信をくれた女性がいたのです。まさに運とタイミングがぴったり合ったというわけですが、こういう女性とは何かとコトがうまく進むもので、しばらくやり取りしてから会いましょうと最初は話していましたが、2日後に「急に今日の夜仕事がキャンセルになりました。一度お会いしませんか?」と連絡があったのです。この日は私も予定がなかったため、「構いませんよ。○○駅の前のロータリーで9時半にお会いしましょう。メガネかけてジーパン、白のTシャツで行きます」というふうに告げて会いました。

実際に会ってみるとかなりの美人さんでびっくりしました。「結婚して半年だけど旦那があっちがダメな人で・・・。

彼に悪いと思うけど私の性欲が限界なの」とホテルに入って告白してくれました。職場結婚らしく、職場ではうまくいっている夫婦を演じることにも少し疲れているようで、その分Hは情熱的でした。「既婚者さんですよね?奥さんとはしてますか?」と彼女は私に聞きましたが、「ここ5年はしてないよ。そうでなかったらサイトなんかしないでしょ」というと「確かにそうだね。ははは」と笑い、このような軽い会話で終始する関係に随分気楽な印象も持ちました。

1年弱で彼女と会うのは辞めましたが、その間は月に1度程度、「セックスのみ」の関係で会っていました。

プロフィールを見てメールをくれた40代の熟女を抱いた

人妻とセックスをしたいといつも思っています。しかし、日常の中でセフレ関係を結べる人妻と出会えるきっかけは多くはありません。そこで10年以上前から、出会い系のサイトを使っています。

私が現在使っているサイトはYCCというサイトですが、個人的にはここが一番実績があります。

自分のプロフィールは、いわば撒き餌です。このプロフィールを見て、年に一度か二度ほどメールをくれる人妻がいます。もちろん、サクラやネカマからも沢山のメールは来ますが、慣れてくるとこの区別は簡単につきますから削除すれば良いだけです。

プロフィールには、美味しいランチを食べながらデートをしましょう、費用は全てこちらでもちます、という趣旨のことを書いているだけです。なんだ、その程度のことかと思われるかもしれませんが、これでメールをくれる人妻は確実にいます。暇を持て余している人妻が沢山います。外出して気を紛らわしたい人妻が沢山いるのです。私が先月に会った人妻もそうでした。年齢は40代前半、子供が中学校に入り部活で遅くなり、夫も遅い時間の帰宅が多いと言います。夫の収入だけで十分な生活が出来るのでパートに出る必要もありません。昼間にやることが無いのです。彼女は中肉中背で見た目は良妻賢母といった感じです。肉感的な魅力には欠けますが、人妻の魅力はどこにでもいそうな感じがそそるのです。会うことが決定したのは、こちらのデートの提案でした。

横浜で行われるパッチワーク展を観て、行列が出来ることで有名なパンケーキのお店に行きませんかという提案です。彼女にしてみればデート代もちで、気にいらなければ帰ってくればいいという気楽なスタンスです。

彼女とは最初の出会いから違和感がありませんでした。パッチワーク展も思っていた以上に楽しくて、ランチも気に入ってもらえました。私は最初のデートでは無理やりにホテルに誘うことが出来ないのですが、散歩中に手を繋いでくれたので思い切ってホテルに誘ってみました。彼女も多少はその気になっていたらしく、意外とすんなりラブホに入れました。

ホテルへ入りキスをすると、もう男と女です。彼女の胸に手を入れ、強引に服を脱がしにかかると、彼女は少し手荒い行為に興奮したのか息が一気に荒くなりました。

半裸でベッドへなだれ込むと、むさぼるように彼女の体を愛撫し性器に手をやると、彼女も同じように私のペニスを握りしめています。パッチワーク展で見せていた主婦の表情が一気に女に変わりました。

頼みもしないのにペニスをくわえてくれます。それもいきなり奥までくわえてくれます。

私もクリトリスを刺激すると、小さく喘いでくれます。

反応の良い女はやはり最高です。感じ方を知っている人妻は最高です。

我慢出来ずに挿入すると、体をひねりるようにしながら感じてくれました。声も素敵です。

2回戦では、彼女は丁寧にペニスの先端からフェラをしてくれ、私もゆっくりと彼女の体に舌をはわせてからの挿入になりました。サイトでの出会いだと放出すれば良いという女に出会うことがありますが、彼女には少し愛情を感じました。その分、優しく抱くことが出来たのだと思います。2回目の放出を終えた後も、私は彼女を抱きしめていました。もちろん、次のデートの約束もベッドの上でしました。プロフィールからメールをくれる女は年に一人か二人だとしても、その女と一年間以上付き合えば、セフレ不在の期間は無くなります。それが出会いサイトの魅力なのです。

出会い系サイトで在宅ワークをしてる41歳の熟女と会えました。

私は40歳の独身男性なのですが、出会い系サイトで41歳の熟女と知り合えました。
利用したのは15年以上前からサービス開始されてる老舗出会い系サイトです。

時間帯は夜23時ぐらいだったんですけど、暇つぶしに出会い系サイトの掲示板を閲覧してました。
そんな時に41歳女性の書きこみを見つけたので即テンプレメールを使って連絡をしました。
するとすぐ返事が来たんです。
自宅で仕事しながらなので返事は遅れ気味になるけどいい?といわれました。もちろんOKです。
やり取りしてるうちに同じ市内に住んでることや、彼女はx1で現在一人暮らしということもわかりました。
初日は1時間ぐらいのやり取りで終わりました。
彼女の仕事は在宅ワークでPCを使ってるらしく、後日私が連絡を入れるとすぐ返事をもらえました。
まあすぐといっても15分ぐらい遅れたりしたんですけどね。
一週間ぐらい連絡をやり取りしてたんですけど、丁度仕事が一区切りついたってことでその日の彼女はかなりテンション上がってました。
これなら食事に誘ってもいいかも?と思って誘ってみた所、OK。
彼女の気が変わらないうちに会う約束をしました。

待ち合わせ場所は彼女自宅近くの釣り道具店の駐車場です。
釣り道具屋って深夜でも営業してるので待ち合わせには便利です。
コンビニと違ってお客様の数は少ないでの知り合いとバッタリ・・なんてこともほぼないんですよね。
釣り道具屋を待ち合わせに選ぶ当たり、年の功というか、熟女ならではの老獪さを感じました。

待ち合わせ場所に行くと釣り道具屋入り口近くに彼女は立っていました。
芸能人で言うと俳優の濱田マリさんみたいな感じの女性でした。
長めの黒髪を後ろでシュっと結んでて、服装はグレーのブラウスに黒の膝ぐらいまであるスカートです。
身長158cm体重40kg台後半のスリムボディにこの服装が似合ってます。
車を停めて○○さんですよね?と声を掛け、無事合流しました。

まずは私がよく行く中華料理屋に連れていきました。
このお店は麻婆豆腐とか坦坦麺とかの辛い系の料理がすごく美味しいんです。
事前に彼女が辛いもの好きなのは聞いてあったのでここにしたんですけど、すごく喜んでもらえました。
お店が飲み屋街にあるので女性は行きにくいし、彼女も知らなかったようです。
食事を終えてからは深夜のドライブをしてたのですが、彼女の方から家に行ってみたいと言われました。
まあ・・・お互いそれなりの年齢ですし、一人暮らししてる独身男性宅に行きたいっていうのはそういうことですよね。
彼女も方もやる気だなと思い、自宅に連れ込みました。

とはいえ彼女の方からモーションは掛けてきません。
あくまで私から誘って欲しいってことなんでしょうね。
ソファーに座ってる彼女の隣まで行って、肩を掴んでこちらへと引き寄せます。
彼女も準備は出来てたんでしょう。目をつぶって唇を突き出してきたのでそのままキスします。
最初は軽いキスで責めていくつもりだったのにさすが熟女です。
いきなり舌を入れてきました。
舌を私の口の中にねじ込んできて、ゆっくりを舐めまわしてきます。
ネットリとしたその触感に、恥ずかしながらこの時点でもう勃起してました。
こちらも負けずと彼女も胸を触ったんですが、胸はイマイチなようでした。
そこでスカートの中に手を伸ばしてパンティの上からアソコ付近を触ると・・・体をくねらせながらアンっと反応してくれました。
パンティの横から指を入れると、中からはトロットロの愛液が溢れてきてました。
指に愛液を擦り付けてクリを弄ったり膣内に指を入れたりと愛撫を楽しみます。
すると彼女から、もうしたい・・と言われて挿入することに。

すでに勃起状態だったのでそのまま生で挿入します。
彼女は出産経験なかったからか、年の割りにアソコはものすごいキツキツで超気持ちいいんですよね。
しかも生でしてますし、5.6回出し入れするぐらいで射精しそうになりました。
なんとか耐えて射精しないようにしましたが、こういうイク一歩手前って普通の勃起状態より一回り大きくなるんですよね。
射精寸前の大きくなった愚息をゆっくり彼女の中で出し入れすることで、彼女の方もすごく良かったようです。
ちょうどいい所に当たるようで、あまりピストンしてないのにイクイクっといって昇天してくれましたから。
なんとか私より先に彼女がいったことで私もハードに動いて射精しました。
一応外出ししましたが、この時の激しい動きでまたイク彼女。さすがに良い反応です。
しかし終わったにもかかわらず、しばらく休憩してから愚息をフェラチオしてくるんです。
一応ティッシュで拭いたとはいえ、生で彼女のアソコに突っ込んだ精液と愛液の味のする愚息をです。
イッたばかりなのに妙に興奮してしましたし、彼女の見事なフェラチオテクで数分で勃起してました。
二回戦は騎乗位で挿入し、ガンガン腰を使ってイキまくってました。
終わってから彼女を釣り道具屋まで送り届けたんですが、その後もセフレとして時間があれば会って楽しませてもらってます。

出会い系サイトで知り合った若妻との体験

私が23歳頃の時の話ですが、当時は彼女も居なく風俗に通う日々が続いていました。お金さえあれば性欲は風俗で消化出来るのですが、給料もそこまで高くは無かった為、月に1回通うのが限界でした。そんなある日、もっと気軽に女性とエッチが出来ればいいなと思い、出会い系サイトに登録をしてみることにしました。登録をしてすぐに30歳の若妻と連絡を取ることができ、今度の休みの日に会う約束をしました。

そして当日、約束した場所で少しドキドキしながら待っていました。もし怖い人や全然違う人が来たらどうしようとか、そんな事ばかり考えていました。

声を掛けられたので振り返ってみると、そこには綺麗なお姉さんがいました。何でこんな人が出会い系に登録しているのか分からないくらいの美人です。

立ち話を早めに切り上げ、近くのカフェに行くことにしました。そこで話を聞いてみると、現在年上の旦那さんがいて、子供はまだ居ないらしく、おまけにセックスレス状態なので思い切って出会い系に登録してみたという流れのようです。この奥さんも私と同じで出会い系で人に会うのは今日が初めてらしいです。私も正直に、性欲を満たす為に出会い系に登録をしたことを伝えました。それを聞いた奥さんは少し笑いましたが、それじゃあこの次に行く所はもう決まってるねと言ってくれました。

カフェを出た私達は、近くにあるラブホテルへと向かいました。お互いシャワーを済ませてからベッドでプレイを始めました。

奥さんの体を包んでいるバスタオルを外すと、まだ垂れていないおっぱいが目の前に広がりました。下の方を見てみると、陰毛は少し濃い目です。

そんな奥さんの体を堪能していると、徐々に喘ぎ声が響き渡ります。次に奥さんは私のモノを咥えてくれました。ずっと咥えたかったのか、喉を鳴らしながら舐め続けてくれます。

今まで何十回と風俗に行きましたが、それなんかより全然気持ちいいです。そして正常位で挿入をしようと思い、ホテルにあったコンドームを付けようとした所、生でして欲しいと言われました。

私はそれに従いました。挿入してみると、引き締まった感じはしませんでしたが、まとわりつくような気持ち良さがそこにはありました。私はただひたすら腰を動かし続けました。早漏な所もあり、もう射精しそうになったので奥さんの口に放出しました。奥さんは口で受け止めた後、そのまま飲み込み、そしてまた咥えだしました。尿道の奥にある精子を一滴残らず吸ってくれました。

その後、私達は次に会う日を決め、今度は過激な事をしてみようと約束をして別れました。

出会い系サイトイククルで38歳のエロい人妻をゲット

私は41歳の男性ですが、イククルという出会い系サイトで人妻をゲットしました。
イククルがサービス開始されたのは2000年、老舗サイトだけあって女性年齢層も結構上なんですよね。
私自身それなりの年ですし、女性との釣りあいも取れやすいのでよくイククルを利用しています。

今回会った人妻は38歳、ぱっと見はセレブって感じでした。
待ち合わせは市内の大型スーパーの駐車場です。
駐車場に車を停車させてから彼女に電話して誘導し、こちらまで歩いてきてもらいました。
すでに電話番号の交換をしてたので、合流は簡単に出来ました。
彼女の外見ですが、白いブラウスにベージュのスカート、黒のカーディガンを羽織ってました。
芸能人で言うと松雪泰子みたいな方ですね。
ただ松雪泰子ほどキレイじゃないですが、笑顔の似合う素敵な方でした。
さすがに年相応の落ち着いた雰囲気のある女性だったので、キャピキャピしたような感じはなかったですね。

とりあえず車内で軽く話をしてからドライブに出かけました。
時間は午後2頃でしたが、お互いまた食事をとっていなかったので、郊外にあるおしゃれなカフェで軽くく食事をとりました。
食後は30分ほどドライブをしました。
ドライブ中に今までこういうので会ったことある?とか話をし、何人か会ったことある、体の関係ももったことあるなんてことを言われたので私とはダメですか?と尋ねました。
イエスという返事はもらえませんでしたが、ノーとも言われなかったのでこれはOKだと思い、ラブホテルの駐車場にはいりました。

まあイヤなら車から降りてこないでしょうし、強めに拒否をしてくるはずです。
でも彼女は仕方ないわね~って感じで降りてきたので、そのまま入室しました。

部屋に入ってからルームサービスでドリンクを頼み、飲んだりしてる間に湯船にお湯をためておきました。
ドリンクを口にしてリラックスしてから彼女の横に座り、肩を抱き寄せてキスをしました。
もう、強引ねと言われましたけど、強い拒否はなかったのでそのまま胸を触ります。
乳首周辺を触ると強い反応を見せ、スカートの中に手を入れてアソコを触るとなかなかぬれてます。
直接ではなくパンティの上から撫でるようなソフトタッチでじらしながら攻めました。
するとああん、我慢出来ないといって、私のズボンを脱がしてきたんです。

私のものをパンツから出すと、即フェラチオしてきました。
人妻だけあって愚息の扱いに慣れてて、やばいぐらい気持ちよかったですね。
このままではすぐイカされる・・と思いベッドに移動して正上位で挿入。
さすがに若い娘のようなキツさはありませんでしたが、ネットリ濃厚な愛液が絡み付いてきて超気持ちよかったです。
5分程度でイキそうになり、我慢しようとしたら彼女自ら腰を動かしてきてイカされまれました。
イク瞬間に抜いてお腹の上に出したんですけど、イッタばかりの私の愚息をお掃除フェラまでしてきました。
5分ほどしゃぶられてるうちに愚息も大きくなり、そしてまた挿入して二回戦もしました。
今回は長持ちしたのでなんとか彼女をイカせられましたが、騎乗位だとガンガン腰を動かしてきて痛いぐらいでしたね。

終わってから洗うのもかねてお風呂に入ると・・洗いっこから三回戦開始です。
結局この日は夕方6時ぐらいまでの約3時間、ぶっ通しでしてました。
その後はしばらくセフレ関係になって、旦那が出張すると楽しませてもらいました。